くりはらメディカルクリニックの病棟は「在宅医療の後方支援」と「ホスピス・緩和ケア」の2つの役割を担っています。病気の治療やショートステイ先として利用できます。

くりはらメディカルクリニック

医療型ショートステイ(短期入所療養介護)

くりはらメディカルクリニックでは医療型ショートステイ(短期入所療養介護)も行っております。
レスパイト目的の利用も可能です。
詳しい内容に関しましては、下記よりご覧ください。

医療型ショートステイ(短期入所療養介護)に関してはこちら

病棟への入院について

当院の病棟は「在宅療養の後方支援」と「ホスピス・緩和ケア」の2つの役割を担っています。
「在宅療養の後方支援」では持病の悪化や発熱などで自宅療養が困難になった場合や、ご家族がお疲れになった場合のレスパイトケア等の時等、短期入院にて患者さんを受け入れ、在宅療養を後方から支援します。
「ホスピス緩和ケア」では、がんをはじめとした病気からくる様々な辛さ・痛み等を緩和する医療を行っています。
患者さんの生活の質を大切にし、少しでも自分らしい日々を送ることができるよう、緩和研修を受けた医師、看護師がチームを組み、最期まで患者さんとご家族を支援します。

また、当院では下記の事を大切にしています。

・人を看るという姿勢
当院はは病気を見るだけではなく、その人自身を看ること・支えること・お付き合いすることを大切に医療看護を実践いたします。

・チーム医療
当院は患者視点に立った医療サービスを提供するために、日々自己研磨に励み、お互いを信頼、尊重しあえるチームを構築していきます。

・常に全力で
当院では外来・在宅・病棟が密に連携し、地域と協力して患者様とそのご家族を常に全力でサポートします。

入院までの流れについて

お電話はコチラ

メールはコチラ

当院から在宅訪問診療を行っている方
1.主治医の判断

主治医の判断

主治医の判断により入院の必要があるか判断します。

↓

2.空室状況の確認

空室状況の確認

現在空室があるかどうかを確認します。

↓

3.ご入院

ご入院

空室があった場合ご入院となります。
その他の方
1.電話によるご相談

電話によるご相談

まずはお電話にてご相談をお願いします。

↓

2.見学・面談

見学・面談

院内を見学した後、面談により入院の必要があるか判断します。

↓

3.空室状況の確認

空室状況の確認

現在空室があるかどうかを確認します。

入院対象者について

・緩和ケア(オピオイドの導入、PCAポンプによる疼痛管理など)
・経鼻経管、胃ろう、腸ろう、IVH(中心静脈栄養)等の管理
・ストマ、腎ろう、バルンカテーテル、気管切開の管理
・末梢点滴
・酸素投与
・褥瘡管理
・認知症ケア
・感染症治療

PageTop