在宅医療連携室|座間市栗原の外来(内科・整形外科)・訪問診療・入院医療・各種健診はご相談ください。厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市・相模原市南区も訪問エリアです。

くりはらメディカルクリニック

在宅医療連携室

在宅医療連携室開設のご挨拶

この度、くりはらメディカルクリニックは在宅医療連携室を開設致しました。
在宅医療連携室の主な役割は、近隣の病院や診療所と連携し、患者様がスムーズに診療していただけるように調節することです。

地域包括ケアシステムが提唱されるようになり、地域医療において患者様には『医療』のみならず『介護』『予防』『住まい』『生活支援』が一体的に提供されることが理想とされるようになっています。
医療提供側から、いろいろな職種の方と連携させていただき、地域住民の皆様の健康・福祉を推進していくのも、在宅医療連携室の重要な役割であると考えております。

患者様やそのご家族様はもちろんのこと、医療機関、介護さらに福祉に関係する方々がお気軽にお越しいただき、地域の皆様が医療と社会福祉を十分受けていただくことができるようお手伝いできる連携室を目指しています。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
医療法人社団貴人会
くりはらメディカルクリニック
在宅医療連携室 室長 細谷 智 

在宅医療連携室とは

在宅医療連携室では、患者様の身近な診療所医師やかかりつけ医、入院先病院の担当医師からの紹介により医療機関同士で連絡調整を行い、受診希望や入院希望の患者様の外来受診や入院に関わる全般的な支援を実施いたします。

外来受診や入院希望の問い合わせにつきましてはいつでもお答えいたします。
入院や検査が必要な時は、かかりつけ医や入院先病院の担当医から当所の在宅医療連携室へご連絡、ご紹介いただければ担当診療科の医師よりご返事いたします。
また、患者様が当所で治療、検査を受け、症状が安定いたしましたら、かかりつけ医や転院先病院で診療を継続していただくよう、ご紹介先医療機関にお願いし、逆紹介を推進して参ります。

在宅医療連携室拡大表示

連携室の業務

電話、FAXにより診療および検査等の予約受付や地域医療連携機関等との連絡等の業務を行います。

ご紹介頂きました患者様につきましては、外来受診や精査、入院対応可能であれば、病棟入院受け入れを行います。また、精査加療が終了次第、ご報告申し上げ、ご紹介頂いた医療機関で継続した診療をお願いしてまいります。

医療相談を行い、退院後の適切な通院先、転院先のご紹介、調整を行います。

PageTop