くりはらメディカルクリニックでは在宅医療を行っております。緊急時においては往診も行っております。座間市栗原付近の方お気軽にご相談ください。内科と整形外科を主に診ております。

くりはらメディカルクリニック

在宅医療

当院の在宅医療の特徴

当院の在宅医療は内科だけでなく、整形外科も行っております。
痛み止めや、四肢関節注射、自宅でのレントゲン撮影など症状に応じた処置を致します。

くりはらメディカルクリニックの目指すもの

医療法人社団くりはらメディカルクリニックでは患者様のQOL向上を目的として、下記の事を目指しています。

病気や障がいがあっても、患者様が何不自由なく生活できるようにすること 在宅医療の一番の目的は病気を治すことではありません。
病気の治療はもちろん大事なことではありますが、一番大事なことは患者様自身のQOLを高めることです。
そして、在宅医療の目的はその人がいかに自分らしい生き方をすることができるかを、サポートすることにあります。
くりはらメディカルクリニックでは患者様自身の考え方を最大限尊重し、その人に合った医療を行って参ります。

予測される危険を最大限回避し、急変や入院をできるだけ少なくすること
誤嚥、肺炎、転倒、骨折、低栄養・・・在宅医療を受けている患者さんの多くは、これらの事故や病気を契機に衰弱していきます。
このような事故や病気はある程度の予測や予防が可能です。
何か事故が起きた後に、緊急往診で対応するよりも、日々の訪問診療でそれらを防ぐようにしていくことが大切です。

最期まで自宅で何事もなく生活できること
多くの方が自宅で最期まで過ごしたいと考えていますが、実際には病院で亡くなっています。
死は誰もが迎えるものであり、住み慣れた場所で最期を迎えることは人間にとって自然な最期であると考えています。
そのため、くりはらメディカルクリニックは患者様を、最期までその人らしく生きられるように支援していきます。

在宅医療とは

在宅医療は一般の外来とは違い、具合が悪くなった時だけ医師に診察を行ってもらうというものではありません。
お一人での通院が困難である患者様のお宅に、医師が定期的に診療にお伺いし、常に計画的に健康管理を行うものです。
在宅医療の目的は病気の治療だけでなく、病気の予防や栄養状態の管理、あるいは転倒や寝たきり等の予防など、患者様が健康で生活できるようにするため、様々なことを行っています。
このように生活における様々なリスクを回避することも在宅医療における大切な役割です。

また、万が一何かあった際には24時間365日、必要に応じて臨時往診や入院先の手配も行っております。

要支援1・2の方も在宅医療の対象になります。
在宅医療を受けられるのは、一人での通院が困難な方が対象です。
ご自身が対象者かどうかわからない方は、一度お電話か、お問い合わせフォームよりご相談ください。

在宅医療にかかる費用について

下記に在宅医療にかかる費用一覧をまとめております。
自己負担額の割合によってお支払いする金額が変わってきますので、一度ご確認ください。
また、1ヶ月の自己負担額には上限がございます。
こちらもあわせてご確認ください。

在宅医療にかかる費用一覧

このような方が利用されています。

このような方が利用されています。

・気軽に医療的相談がしたい
・患者様、ご家族と悩みを一緒に考えます



このような方が利用されています。

・膝や腰の痛みがあり病院に行くのが困難
・高齢による筋力の低下があり歩きにくい
・車いすを利用している
・病気や事故の後遺症による麻痺がある

このような方が利用されています。

・在宅での療養、介護を考えている
・在宅でリハビリを行いたい
・病気以外の身の回りの事について気になる事がある

訪問調剤

訪問調剤(訪問薬剤管理指導)とは、在宅医療を行っている患者さまに対して、医師の指示に基づき、薬剤師が患者さまの施設・ご自宅に赴いて、医薬品の安全な使い方を説明したり、飲み忘れがないような工夫をしたり、副作用が起こっていないか確認するなど、必要な「薬学的管理指導」を行うことです。
医師との綿密な連携を図り、患者さまに様々なお話を伺いながら、安心して服薬できるようお手伝いを行います。

訪問調剤についてのご相談はこちらからお問合せください。

PageTop